top of page

水を守る
食を守る
暮らしを守る

幸せのかけら拾い
幸せのかけら

ゴミ‥拾えば、
それは「幸せのかけら」

2023-10-15逅オ逅カ貉・IMG_6631.JPG
iStock-1069645536-1580x840-c.jpg
logo-06 - コピー.png

コロナ禍を機に、「幸せのかけらを拾う会」として、
びわ湖湖畔・水辺、周辺街中の清掃活動をスタート。
2023年よりびわ湖1周企画を開始。
2024年より、そのバージョンアップと関連事業を展開して参ります。

353462226_6320919468026269_7316906563792095931_n.jpg
22356319-removebg-preview.png

「幸せのかけら拾い」を、水源から、びわ湖から

いま、世界の水は危機に瀕しています。

川や湖、海、水辺にはペットボトルや空き缶、フィルム袋、食べ散らかしの残骸が散乱。

生活用品・家電製品・建築物の解体時に生じた産廃廃棄物などの不法廃棄もあります。

街なかに捨てられたゴミであっても、やがて水辺にたどり着き、海へ流出します。

朽ちて原形をとどめず、微小なプラスチック粒子(マイクロプラスチック)と化した

プラスチックゴミは、海面・海中を汚し、それらを餌としてしまった

海の生きものの生態系の破壊も危惧されています。

また、海の幸を食べる人体への影響も今後明らかになるかもしれません。

 

ゴミを捨てるということは、私たち自身の幸せな暮らし、

幸せな未来を捨てることに結びつく行為。

一方、ゴミを拾うことは、幸せを拾っているということ。

 

拾っているものは、確かにゴミではあるけれど、未来につながる幸せのかけら。

水をキレイにする、幸せのかけら拾いを、日本一の湖びわ湖から発信します。

keyvisual.png
sdgs11.png
sdgs12.png
sdgs14.png
sdgs15.png
sdgs17.png

活動
内容

2023年「幸せのかけら拾い」事業を目的とした、一般社団法人Moanaを設立。

単にびわ湖及び周辺清掃に留まらず、「水」と暮らしの関係の重要性を訴え、

特にびわ湖を「水」を活用する京阪神の方々への情報発信、

水源エリアへの清掃活動へのご参加の呼掛け。

キレイな「水」と「食」の関係意義の啓発活動を行って参ります。

3つの基本事業

376839508_6578946002223613_7747433364915730479_n.jpg

水源地域の清掃活動

・びわ湖、及び流入河川、周辺街区等の清掃活動

・京阪神エリア・県外の方々への参加の呼掛け

・地域観光との連携

・清掃ガイド(クリーン・ガイド・スタッフの育成

・「ゴミを捨てない」事の啓発

vegetables-1085063_1280.jpg

水と暮らしの情報発信

・水源エリアの農水産業・林業や、食品・料理等の紹介

・水による「食」の恵みと実りの紹介 

・水源エリアの水に関係する地域の紹介活動

全国の清掃活動

グループとの連携

・水源、その周辺の清掃活動の呼掛け

・各地の清掃グループとの協力活動  ※主に広報活動

・その地域の「食」の恵みと実りの紹介

bottom of page